太陽光発電

ミドルソーラーのご案内

ソーラー事業について

2012年から始まった全量買取制度により遊休地に太陽光パネルを設置し ソーラー事業への参入が相次いでいます。 そこで当社はメガソーラー(1000kW以上)よりも、 小規模な太陽光発電事業「ミドルソーラー」(10kW以上50kW未満) をご提案します。

メガソーラーより50kw未満のミドルソーラーおすすめ点は

  • 初期投資が安い
  • 通常の電線を通っている低圧電流で処理できるため変電設備等を設置する必要がありません。メガソーラーと比較して工期も短く申請関係も簡単です。
  • 110㎡からの土地で可能

ミドルソーラーのメリット・デメリット

メリット

  • 20年間全量固定買取32円/kW(26年度)で年間収支が安定
  • 住宅用パネルより安価
  • 使い道が無い場所を有効利用できる
  • マンション等の場合、売電で得た収益を修繕費に充て入居率の維持、長期的安定経営につながり、停電時には予備電源として活用でき他物件と差別化できる
  • 屋根に設置する場合、建物の遮熱効果が高まる
  • 税が優遇される

デメリット

  • 初期投資回収までに長期10年ほどかかる
  • 補助金がもらえない
  • 地盤と日当たりが悪いと導入できない

全量買取制度の概要 25年度版

再生可能エネルギーで発電した電力を、電力会社が固定の価格で買い取ることを義務付ける制度のこと

solar_sect4_img
solar_sect4_img2

投資と回収イメージ

10kw以上50kw未満

solar_sect5_img2
solar_sect5_img3

更なるメリット(1) グリーン投資減税

solar_sect6_img

グリーン投資減税 メリット試算

solar_sect7_img

更なるメリット(2) 屋根設置時の省エネ効果

solar_sect8_img

設置の条件

solar_sect9_img

設置場所があるのはラッキー!是非資産の有効活用を!! 来年度は消費税率UP!!固定買取単価DOWN見込み!!

商品ラインナップ

solar_sect10_img